登山に最適な季節とは

登山をしているものとして登山に最適に季節はいつなのかと聞かれることが良くあります。
あまりスキルのない登山愛好者の人から聞かれるのです。

漠然としすぎていて答えが出しにくい質問ではありのですが、できるだけ2つのパターンで答えることにしています。

登山といいますが、高山の登山と低山の登山とでは最適な季節が全く違っています。
低山であれば、雪が積もっていない季節であれば登山のいい季節ということがいえるのですが、それでもコンディションによっては真夏の季節は避けたほうがいいといった方がいいかもしれません。

もちろん雪に対してのスキルがあれば雪が積もっていてもかまいませんが、スキルがない場合には雪の積もっている時期は危険であるので避けるべきです。
最適という意味では春と秋となるでしょう。

高山の登山ではやはり雪の積もっていない時期がいいのですが、3000メートルに近いような高山になりますと、雪が積もっていない季節は7月から10月までくらいしかないので、登山に向く季節は短いといっていいでしょう。

初心者にも行けるような高山は夏場でも限られているので、その時期はかなり混みあうことを覚悟しなければなりません。
それに高山では季節と共に天気がどうなのかが重要な要素となります!